キッチンやスパイスの資格について

 

キッチンやスパイスに関する資格は主催する団体によって名称は異なるものの、どれもが料理で活用することができます。

 

中には、心理学と結びつけた資格もあり、日本メディア心理セラピー協会主催のキッチン心理カウンセラーは代表的なものの1つとなります。

 

料理をする場合に必須となる素材にスパイスがあります。ランキング上位の資格には、スパイスインストラクターやスパイス香辛料ソムリエがあり、取得をすることで自宅やカルチャースクールなどで講師として活動することができます。また、コーディネートへの理解も深めることができるためにプロの味に近づけることもできます。

 

香辛料アドバイザーの認定試験いついて

資格は各団体によって設けられていますが、ランキング上位に位置するものとして、1つには日本インストラクター技術協会主催となるスパイスインストラクターがあります。この資格は、種類や効果、作用を理解し、適切な使用ができる知識を有する人に与えられます。

 

2つめには日本安全食料料理協会が主催をするスパイス香辛料ソムリエがあり、ここでは、歴史、原産地、効果や作用、分類、利用方法、料理への利用に関しての知識が試されます。

 

2つとも取得には受験資格の定めは無く、受験料10,000円を添えて申し込むことで誰もが挑戦をすることができます。

 

資格取得に効果的な通信講座の利用

資格取得では、通信講座を利用することでより効果的な学習をすることができます。ランキング上位の通信講座としては、SARAスクールジャパンと諒設計アーキテクトラーニングを上げることができ、基礎からしっかりと学習できる内容が設けられています。

 

それぞれの講座には特徴があり、まず、SARAスクールジャパンでは、2つの資格に対応した講座内容となっている点があります。

 

諒設計アーキテクトラーニングも同様の内容となりますが、特徴の1つにより利便性が高いスペシャルコースを設けており、ここでは、卒業課題を提出することで講座卒業と同時に2資格の認定を受けることができます。

 

まとめ

スパイス資格は取得をすることで、料理関係での活用や、インストラクター等の講師として活動しやすくなります。また、相手にコーディネート等を伝える場合にも説得力を持つことができます。

 

取得においては通信講座の活用がもっとも効率的な方法となりますが、理由の1つに基本から学べる点があります。スパイスの種類は多く、この場合、どのようなコーディネートをすれば美味しいのか、プロの味に近づけることができるのかなど分からない内容が数多くあります。

 

通信講座では基本となる歴史や原産地から種類や特徴といった内容から学ぶことになり、スパイスの理解をより深めることができます。

関連ページ

キッチン心理カウンセラーになるには
普段の家事で主婦が苦労をするものといえば収納問題でしょう。家の間取りや収納をするスペースなどが少ない場合、キッチンにあるスパイスや、ツール類の片づけはとても大変になります。
食育資格を取得するには
現代では、肥満や虫歯に悩む人が増えています。これは、食生活の欧米化でジャンクフードや高カロリーの食事を摂る機会が多いからです。「食」に対する正しい知識を持って選択すること、健全な食生活を送ることで健康な身体作りや維持ができます。
キッチン心理資格をとるには
台所と言えば、今も昔も「女性の城」という認識が大きい墓所です。しかし、昔は人目に付かないような造りになっていましたが、現代ではオープンになっておりインテリアの一部と考えられています。
キッチンやスパイスの資格でインテリアをもっと楽しもう
キッチンは主婦の方には一日の中で一番多くいる場所ではないでしょうか。また、最近では男性も料理をするという人も多くなってきました。