「食育」とは何でしょう

 

現代では、肥満や虫歯に悩む人が増えています。これは、食生活の欧米化でジャンクフードや高カロリーの食事を摂る機会が多いからです。

 

「食」に対する正しい知識を持って選択すること、健全な食生活を送ることで健康な身体作りや維持ができます。

 

「食」に対する正しい知識を学ぶことで取得できる資格が「食育資格」です。食育に関する様々な種類の資格がありますが、取得するには専門知識が必要なので学ぶ必要があります。

 

ほとんどが通信教育で学ぶことができ、学校に行きながらでもお仕事をしながらでも取得できる特徴があります。

 

食育についての講師としても活躍できる

管理健康栄養インストラクターと食育健康アドバイザーは食育の講師としても活躍することができます。自宅やカルチャースクールなどで、食育についての講義をすることができます。家庭での食に関する知識を高めるだけでなく、アドバイザーやインストラクターとして働くことができる意義のあるものです。

 

普段の生活に活かせる食の知識である栄養素や品質表示について学ぶことで、実生活だけではなくお仕事としても役立てることができます。独学で学ぶことも可能ですが、やはり通信教育を利用して学ぶことが取得への近道になります。

 

ランキング上位の食育の資格の種類

ランキングを見てみると、自宅のキッチンや職場のキッチンで役立つ食育健康アドバイザーようなものに人気があります。

 

受講料が約3万円前後で自宅で受験できることで手軽に取得でき、様々なお仕事に役立てることができるものに人気があるのは食の知識は実生活でも活かすことができるからです。普段なにげなく過ごすキッチンも知識を持ってみると、より生活に大切なスペースになります。

 

まとめ

食に関する知識を深めるために学ぶことは実生活にも意義があることです。取得すれば普段食べている食品や料理に使うスパイスの見方が変わります。

 

栄養素や品質表示に関する知識だけでなくキッチンやスパイスをコーディネートする知識など、知っていて活かすことのできる資格が多いです。

 

時間や費用が他のものに比べてかからないメリットがあるので一つは持っていて損はありません。特に料理が好きな方や調理関係のお仕事をされている方にはメリットが多いです。

 

家族の健康や食育の知識を深めることで得るものは多く、身に付くものなので将来的にも役立ちます。

関連ページ

キッチン心理カウンセラーになるには
普段の家事で主婦が苦労をするものといえば収納問題でしょう。家の間取りや収納をするスペースなどが少ない場合、キッチンにあるスパイスや、ツール類の片づけはとても大変になります。
スパイス香辛料ソムリエになるには
キッチンやスパイスに関する資格は主催する団体によって名称は異なるものの、どれもが料理で活用することができます。中には、心理学と結びつけた資格もあり、日本メディア心理セラピー協会主催のキッチン心理カウンセラーは代表的なものの1つとなります。
キッチン心理資格をとるには
台所と言えば、今も昔も「女性の城」という認識が大きい墓所です。しかし、昔は人目に付かないような造りになっていましたが、現代ではオープンになっておりインテリアの一部と考えられています。
キッチンやスパイスの資格でインテリアをもっと楽しもう
キッチンは主婦の方には一日の中で一番多くいる場所ではないでしょうか。また、最近では男性も料理をするという人も多くなってきました。