目的別に分けたキッチンデザイン

 

物づくりにはそれぞれに目的があり、キッチンも例外ではありません。特に目的が無く、人気ランキングだけで選んでしまうと後で後悔することになります。料理中心のつくりにする場合は、スパイスラックや調理用具の配置が重要な意味を持ちます。

 

スパイスラックをどこに配置するかで作業の効率は異なります。スパイスラックの選び方で、つくる料理も限定されてしまいます。キッチンをつくる場合は、コンセプトを明確にした上で、目的に合わせたデザインをすることが必要です。

 

人気ランキングだけで選ぶことは避けなければなりません。コンセプトを元にデザインをコーディネートするのがプロの技量です。

 

コミュニケーションを重視したキッチン

コミュニケーションを重視することは、コンセプトの一つとなりえます。

 

コミュニケーションのコーディネートにおいては、主婦が流し台に立つ位置から、家全体が見渡せるような流し台の配置が必要です。コーディネートでは、全ての要求を網羅することは出来ません。コミュニケーションを重視する場合は、対面式やアイランド型式により、配置を決めていくことになります。

 

対面式やアイランド型式は、家族のコミュニケーションに適している反面、キッチンの全ての部分がリビング側から見えてしまいます。汚れた食器などが簡単に見えない工夫も必要です。

 

実用性を重視したキッチンデザイン

キッチンのデザインは実用性を重視する場合もあります。

 

実用性を重視することをコンセプトに掲げる場合は、コディネートも明快にする必要があります。実用性を重視する場合のキッチンは独立型の配置になります。出入り口を除いた全ての面に壁を設けることで、調理のしやすい環境が整います。

 

シンクの前の壁一部を開放して、リビングが見えるようにすることは、いっこうに構いません。実用性を重視した場合のメリットは、収納スペースが多く取れることです。本格的な調理には多くの道具を使います。それらを効率的に利用するためには収納スペースは欠かせません。

 

まとめ

キッチンは住宅の中でも機能面での中心となる場所です。浴室や洗濯スペースとの導線は、家事の効率化から重要となります。

 

リビングとの関係性も重要です。数多くの要望をどのようにコーディネートするかを決める指針がコンセプトです。どんな機能を重視し、どんな役割を持たせるかを、設計者だけでなく、施主や関係者の全てに知らせる明確な指針が必要です。

 

ある機能を重視すれば、ある機能は捨てなければならない場合もあります。人気ランキングや成り行きに任せた設計は、現場を混乱させるだけです。物づくりでは、方向性を明確にすることが何よりも大切です。

関連ページ

キッチンをトータルコーディネートするコツ
キッチンをトータルコーディネートする上で、最も重要となるのが、よく利用する調理道具やスパイスなどの小物類を、何処に配置するのかという事です。
キッチンの方角と家電の配置を見直そう
家の中の水回りというとお風呂、トイレ、キッチンが挙げられます。これらをちょっとだけ工夫するだけで実は家族の健康運や仕事運が上昇したりと様々な影響が出てきます。
キッチンでは安全な動線を意識しよう
毎日の料理作りを楽しく快適にするためには使い勝手の良いキッチンの存在は欠かすことができません。リフォーム会社のランキングサイトなどを見ても、リフォームしたい場所として常に上位にあるのがキッチンです。
キッチンに置いておくと運気が上がるもの
キッチンは家族みんなの健康を守るところ。美味しいお料理を気分よく作れると、作る人も食べる人もみんなハッピーになれます。どんなキッチンにすればやる気がどんどん湧いてくるのでしょうか。
キッチンインテリアの基本
キッチンインテリアは見た目だけでなく機能性もとても重要です。カラーコーディネートや調理器具類をブランドや使用目的にコーディネートしても使い勝手が悪くなればあまり意味がありません。
スパイスをインテリアにするのがおすすめ
キッチンは料理をする場所なので、各種調理道具や調味料などでどうしても雑然としてしまいがちです。こうしたキッチンスペースは、「片付けたくてもなかなか上手に出来ない場所」のランキング上位に位置し、インテリア雑誌などでも頻繁に取り上げられています。
隠したほうがおしゃれなキッチンになるもの
キッチンは毎日「朝・昼・晩」の料理を作る場所ですから、色々な調理器具や調味料などの物が溢れ、雑然としてしまいがちです。とくに毎回の料理で必ずと言っていいほど使用する鍋やフライパンなどは、そこが焦げ付いていて、お世辞にも見た目が美しいとは言えません。
見せたほうがおしゃれなキッチンになるもの
キッチンは料理や洗い物などをする場所なので、収納すべき道具がどうしても多くなってしまいがちです。とくに料理を好んでする人などは、こだわりの道具や変わった調味料なども色々あるでしょうから、その量は計り知れません。
ホールスパイスで高級感と上品さを出そう
スパイスや調味料関係はキッチンに置いておくと実用的で、置き方によって空間をおしゃれに演出してくれる重要なインテリアにもなります。 しかし購入したままの文字情報の多いパッケージやバラバラな色合いのまま、置いても生活観がでてしまい、おしゃれなコーディネートとはいえません。
キッチンの資格は男性からの評判が良い
生活を変えたいとき、何か新しいことに挑戦してみたいという気持ちが起こってくる方も多いでしょう。そこで習い事などを始めるという方もいるでしょうが、どれもなんとなくやっているだけで物になっていないという事も多いはずです。
害虫を寄せ付けないきれいなキッチンづくり
害虫には色々な種類がいます。体の特徴から、地面を這って生活するものや背中の羽で空中を飛びまわるもの、更には野菜などの食べ物に潜んでいるものなど様々です。
臭いを発生させないキッチンづくり
日本には四季というものがあり、初夏から夏の間にかけてはとくに気温が高くなります。夏の前に訪れる梅雨時期には気温だけでなく湿度も高くなり、その頃から段々とキッチンの悪臭が気になりだす家庭が多くなります。
子どもと一緒に楽しめるキッチンづくり
自宅のキッチンを子どもと一緒に楽しめるものにしたいのならば、ダイニング側からでも料理に参加することの出来る憧れのキッチンランキング上位の「フラットオープンタイプ」がおすすめです。
キッチン心理を学んでメンタルケアしよう
女性はキッチンに立つ時間が長く、この場所の快適さが暮らしの快適さを左右する要素になります。そのキッチンを快適にするための知識や技術を学べるのが、キッチン心理です。
調理スピードが2倍になるキッチンの工夫
同じ材料、同じ手順で料理を作っても調理スピードに差が出ることがあります。例えば、他人の家のキッチンで料理をするといつもより時間がかかります。原因はキッチンの造りです。
カフェカーテンを駆使したキッチンデコレーション
料理をする人にとってキッチンは大切な場所ですが、住まいによっては必ずしも理想通りになるわけではありません。特にアパートやマンション住まいだとスペースが狭く、コーディネートの余裕がない場合もあります
お菓子作りしやすいキッチンコーディネート
使いやすいキッチンとは、様々な行動を取るときの動線がきちんと整理され、物を置くスペースなども充分に確保され、なおかつ常に清潔に保ちやすいように工夫された状態のことを言います。
料理が楽しくなるスパイスの資格を取得しよう
キッチンでの料理を楽しくするためにはスパイスについての知識を高めることが重要です。スパイスに関する知識は「スパイスコーディネーター」「スパイス&ハーブ検定」「スパイス香辛料ソムリエ」「スパイスインストラクター」「カレーマイスター」の資格が人気でランキング上位に入っています。
薬膳とスパイスを学んで女子力アップ!
テレビや情報誌で見かけることの多くなってきた薬膳、単語は見たことはあっても意味を詳しく知らない方は少なくありません。薬膳とは何かを学び、他の女性と差をつけてみませんか。見た目や味だけでなく、健康にも役立ていけるでしょう。
温かくて清潔なキッチンコーディネート
キッチンは一日のなかでも過ごす時間が長い場所のひとつです。日頃から清潔を心がけたい空間でもありますが、清潔なだけでなくインテリアの観点からも居心地の良いスペースであれば最高です。
キッチン資格で教室の講師になろう
資格を取得して、教室を開いたり講師を目指したりする人は年々増えてきています。現在は専門の学校に通わなくても、通信講座や通信教育を受けることができるので、家にいながら自分のペースで学ぶことができます。
料理がしやすいキッチンづくりのコツ
毎日の食事作りに後片付けに、お弁当作りにと、キッチンは生活の中心であり、とかく物があふれてしまいがちです。料理作りがしやすい場所にするためには作業導線に配慮したコーディネートが欠かせません。
料理をまとめて作れるキッチンの作り方
お料理上手な人ほど、その日の食事をまとめて作れる。そのようなイメージを多くの人が持っています。しかしどんなに作るのが上手くても、キッチンが使い難いものであったら、まとめて作り上げるのは非常に困難といえます。
汚れが残りにくいキッチンの作り方
ワークトップがステンレスや人造大理石を使用したキッチンは汚れが残りにくいとして評判です。快適に料理を行うためには、キッチンの作り方にもこだわる必要があります。